ここに気をつけましょう!|現金化はとっても簡単!でも、注意しないといけないこともあります!

現金化はとっても簡単!でも、注意しないといけないこともあります!

紙幣と硬貨

ここに気をつけましょう!

お札を持っている女性

クレジットカードの現金化を検討する場合には注意点があります。ショッピング枠で商品を購入して売却することで現金化しても法的に問題になることはありません。しかしながら、クレジットカード会社の規約上ではこの行為は禁止されていますので、現金化したという事実が発覚するとカードの利用が停止されたりすることもあります。もちろん、完全に発覚するということはないのですが、何度も同じ家電製品を繰り返し購入したり、あるいは金券を大量に購入したりすると疑われることになります。

クレジットカード会社にもよりますが、明らかに現金化に利用したのではと思われる場合には、いきなりカードが利用できなくなったり、または、電話がかかってきてクレジットカードの現金化をしていませんか?という確認の連絡があったりします。カードの利用停止期間は最初は一時的であることがほとんどですが、繰り返し行なったり悪質だと判断されると契約解除されることもあります。

また、言うまでもありませんが、クレジットカード会社には発覚しなかったとしても、近い将来には返済しないといけないわけですから、いくらお金に困っているとはいえ、本当に高い手数料を払ってまでも現金化する価値があるのかどうかは慎重に考える必要があります。特に、多重債務状態になっている場合などには、すでに行き詰っている状態であることがほとんどですから、ショッピング枠を利用して現金を手に入れたとしても何の問題解決にもならないケースがほとんどです。